ホーム > 前回(2019年)の専門セミナー

前回(2019年)の専門セミナー

※5/29分の専門セミナーの事前申込受付は終了しました。空席がある場合のみ、当日受付を行いますので、
直接セミナー会場までお越しください(満席の場合は入場できません。何卒ご了承ください)。

の数字はセッション番号です。

5月28日(火)

10:00

11:00

1

食べる人の機能に見合った食支援を実践するには
~地域で暮らしを支えるための課題解決に向けて~

受講を申し込む

いつまでも口から食べることを支えていくには、本人の機能の評価が重要である。さらに、本人の意思や現場の対応力に合わせて支援をしていくことになる。本セミナーでは、地域での暮らしを支えるための勘所をお話しする。

日本歯科大学 教授/
口腔リハビリテーション
多摩クリニック 院長
菊谷 武

seminar2019_ctmy_01.jpg

13:00

14:00

1

厨房の超人手不足をどう乗り切るか?新調理システムによる省人化の実現
~医療・介護施設編~

受講を申し込む

高齢者向けの食事では、人手不足の現代でも食品衛生と美味しさは必須。長年にわたり新調理システムの推進に携わってきた立場から、これからのケアフードの基本となるシステムについて提言致します。

新調理システム推進協会
事務局長/
ニチワ電機(株) 専務取締役
西 耕平

seminar2019_ctmy_02.jpg

15:00

16:00

1

工夫次第で栄養価も味も見た目も大満足!美味しい介護食を作るためのアドバイス
~フレンチの技法をヒントに~

受講を申し込む

健常者が食べても美味しいと感じる介護食とはどのような物なのか?常食をミキサーに掛けるのではなく、フランス料理の技法を用いた、色、香り、美味しさを極める工夫とは?また物性レベルを明確にする工夫とは何か?についてお話いたします。

(株)ユーリーズ 代表取締役
クリニカルフードプロデューサー
多田 鐸介

seminar2019_ctmy_03.jpg

5月29日(水)

10:00

11:00

1

高齢者の食事で気をつけるべきこと
~「低栄養」が筋力低下や認知症を引き起こす~

受講を申し込む

長年の在宅訪問栄養指導および介護予防の栄養改善事業の経験をもとに、在宅高齢者の栄養の問題点と低栄養予防についてお話します。

(医)福寿会
福岡クリニック在宅部
栄養課 課長
中村 育子

seminar2019_ctmy_04.jpg

13:00

14:00

1

「インプット(食事)」と「アウトプット(排泄)」のチェックで健康管理!食材5色バランス健康法(R)のすすめ

受講を申し込む

「食からの健康づくり」の基本は、何を食べる(input)か、そして身体の中で消化・吸収し、どの様に出るか(output)の両方が大切です。そのメカニズムを分かりやすくご紹介します。

(株)ヘルシーピット
代表取締役
杉本 恵子

seminar2019_ctmy_05.jpg

ページ上部へ